おにぎりアクション2020

About

おにぎりで世界を変える。
私たちは信じている。世界の食について考える人が増えれば、世界はちょっとだけ良くなる。
小さな一歩。全てはそこから始まる。

About Onigiri Action おにぎりアクションとは

写真を投稿することで、
アフリカ・アジアの子どもたちに給食を届けることができます。

おにぎりアクションは、日本の代表的な食である「おにぎり」をシンボルに、 「おにぎり」の写真をSNS(Instagram, Twitter, Facebook)、または特設サイトに投稿すると、 1枚の写真投稿につき給食5食分に相当する寄付(100円)を協賛企業が提供し、 NPO法人TABLE FOR TWO Internationalを通じてアフリカ・アジアの子どもたちに給食をプレゼントできる取り組みです。

「食」を通じて世界の食料・健康問題の解決に取り組むTABLE FOR TWOが主催となり、 毎年、10月16日「世界食料デー」を記念して実施しています。おにぎりアクションは、 2015年に開始してから2019年までの5年間の開催で、累計80万枚の写真が投稿され、約450万食の給食を届けています。

給食が届けられているのは、アフリカ・アジアの貧困地域に暮らす子どもたちです。 1日1食の給食が、開発途上国の子どもたちが貧困から抜け出す鍵となっています。

給食が届くまでの詳細はこちらをご覧ください: 「給食が届くまで

私たちは、世界の食の不均衡と、肥満と飢餓の問題について考え、行動するきっかけを創っていきたいと考えています。

おにぎりアクション受賞歴

About TFT TABLE FOR TWOとは

TABLE FOR TWO は、
「食」を通じて世界の食料・健康問題の解決に取り組んでいます。

TABLE FOR TWOは開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む、 日本発の社会貢献運動です。
“TABLE FOR TWO”を直訳すると「二人のための食卓」。
先進国の私達と開発途上国の子どもたちが食事を分かち合うというコンセプトの下、社員食堂や店舗でTFTヘルシーメニューを 購入すると、代金の内20円が寄付となり、飢えに苦しむ世界の子どもに給食1食分をプレゼントできます。

世界の飢餓と肥満

最新の調査では、世界の飢餓人口は8億500万人。 一方、肥満人口は今や20億人ともされています。 国連による「世界の食料不安の現状レポート」によると、 サハラ以南のアフリカでは、4人に1人以上が慢性的な飢餓に陥っています。 世界で最も人口の多いアジアは5億2600万人という、多数の飢餓人口を抱えています。

TABLE FOR TWOでは、飢餓に苦しむアフリカ・アジアの子どもたちに、学校給食を届けています。
TABLE FOR TWO公式サイト

Top Sponsor

Corporate Partners

Supporting Partners

Page Top